So-net無料ブログ作成

ファイナンシャルプランナー2級 実技試験 要点まとめ 第2問 [資格]


ファイナンシャルプランナー2級 実技試験

第2問 債券・外貨預金

についての要点をまとめました。




スポンサーリンク







第2問 債券・外貨預金


● 2015年5月実施より

●債券

〇 国内利付債の利子は、20.315%(所得税・復興特別所得税15.315%、住民税5%)が源泉徴収(特別徴収)される。


〇 残存期間が長い債券の方が、残存期間中に受け取る利子に対して、同期間中に市場金利で受け取る利子の差が大きく、金利変動に対する価格変動幅が大きくなる


〇 為替先物予約付外貨預金(満期時の為替レートを予約した外貨預金)の場合は、利子と為替差益も含めて20.315%の源泉分離課税。


〇 外貨預金は預金保険機構の補償対象ではないので、金融機関破綻時も補償されない。

〇 顧客が円を外貨に換える(円売り)際の為替レートは、TTS(Sell)で、外貨を円に換える(円買い)際の為替レートがTTB(Buy)である。



スポンサーリンク








● 2014年9月実施より



スポンサーリンク









nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました