So-net無料ブログ作成
検索選択

超ひも理論 わかりやすく教えて! 第2回 点ではなく、「ひも」だった! [科学]

超ひも理論 わかりやすく教えて! 第2回 点ではなく、「ひも」だった!


トンデモナイ状況です。


素粒子の世界が、いま、トンデモナイ状況になっています。


時代は私を、完全に置き去りにして行ってしまいました。





スポンサーリンク








確か、私の記憶が正しければ、


物質をどんどん細かく分割していくと、原子に分けれらますよね。


水素とか酸素とか炭素とか。


さらに原子を分割していくと、最後には、もうこれ以上分割できないものにたどり着きます。


これが、素粒子です。



原子は、電子原子核から出来ていて、


原子核は、陽子中性子から出来ている。


と、ここまでは、習った覚えがあるんです。



しかしですよ。



陽子と中性子は、

アップクォークダウンクォーク という粒子から出来ている、

というんです。


アップクォークダウンクォーク なんて、はじめて聞きましたよ。


もう完全に、時代から取り残されてしまっています。



スポンサーリンク








つまり、素粒子としては、

電子 と アップクォーク と ダウンクォーク

ということになりますよね。


ほかにも、

光の素粒子である、「光子」、や

ノーベル賞で聞いたことがある「ヒッグス粒子」など

いま見つかっているだけでも、17種類の素粒子があるそうです。


私、

素粒子は、大きさをもたない、すんごく小さな「点」のようなもの

というイメージをもっていたんです。


ところがですよ、


素粒子は、大きさをもたない「点」ではなく、長さをもつ「ひも」なんだ


というのが「ひも理論」なんです。



しかしながら、この「ひも理論」、

まだ、正しいかどうかわからない、証明されていない理論なんです。



でも、

なんか、すごそうですよね。

いいですよね。

超、いいですよね。

だから、「超ひも理論」なんですよ。



点ではなく、「ひも」として考えることで、

いったい、何がいいのか。

どんな、すごいことがあるのか。

こういったことを、次回から学んでいこうと思います。



スポンサーリンク







nice!(49)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 49

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。