So-net無料ブログ作成

超ひも理論 わかりやすく教えて! 第3回 目指せ!大統一理論 [科学]

超ひも理論 わかりやすく教えて! 第3回 目指せ!大統一理論

トンデモナイ状況だ!


いま、我々は歴史的瞬間に立ち会っている!


大統一理論だ!



スポンサーリンク







前回(第2回)で学んだことは、

超ひも理論は、素粒子を大きさをもたない「点」ではなくて、長さをもつ「ひも」であると考える。

ということでした。


なぜ、「点」ではなく、「ひも」なのか。

「ひも」であることで、どんな利点があるのか。



科学者たちが、今、目指していること。

それは、

自然界のさまざまな力を、すべて統一して、一本の数式で表現する。

ということなんです。


自然界には、大きく分けて、4つの力が存在しているそうです。

電磁気力

弱い力

強い力

重力

この4つです。


電磁気力や重力は、学んだ記憶があります。

しかし、

弱い力、そして強い力とは。

さっぱり、わかりません。

これらの力がどんなものなのかは、今は置いておきましょう。

とにかく、4つの力が代表的な力なんだ、ということを掴んでおきましょう。



スポンサーリンク








現在の状況として、

すでに、3つの力が統一され同時に扱えるようになっています。

標準理論」です。


3つの力というのは、重力を除く3つです。

素粒子を、大きさをもたない「点」として考えることで、すでに3つまでは統一ができているんです。

大統一理論の完成まで、あと一歩ですよ。


しかし、

どうしても、重力だけが統一出来ないんです。


素粒子を「点」として考えることでは、もう限界を向かえているんです。


そこで、以前から、

素粒子を「ひも」と考えることで、重力を統一できる可能性があることがわかっています。


今のところ、4つの力を同時に扱えるのは、「超ひも理論」が唯一の理論なんです。

他に、有力な理論がないんです。

だから、「超ひも理論」が注目を浴びているわけです。


自然界のすべてを一本の数式だけで表現してしまう。

トンデモナイ状況ですよ。

まさに、歴史的瞬間に立ち会っているんです。


でも、

私、ある疑問を抱いています。

重力と、素粒子ってどんな関係があるのかな。

電磁気力は、電子などの素粒子が関係あるのは、なんとなくわかるんですけど。

そこで、

次回は、4つの力と素粒子との関係なんかを学んでいこうと思います。



スポンサーリンク







nice!(51)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 51

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました